ドコモ機種変時の注意事項<SIMカード編>

ドコモ機種変時の注意事項<SIMカード編>


FOMAカードの種類

【青色カード】(第1世代)

初期のFOMAカード。2009年冬モデル以降(01B以降)では利用できないので、これを使っている人は少ないハズ。

【緑色カード】(第2世代)

2代目のFOMAカード。国際ローミングに対応。私も少し前までこれを使用していたが、出し入れしていると表面に貼ってあるフィルムが剥がれてきて、FOMAカード03に変えてもらった。

【白色カード】(第3世代)
 
3代目のFOMAカード。表面にフィルムが貼ってない。電話番号の書き込みがOTA (Over The Air) による無線書込が可能。microSIM版もある(iPad用で準備したが、その後日本通信で利用された)。

【赤色カード】(第4世代)
 
クロッシィ(Xi)に対応し、名称が「ドコモUIMカード」に変更になった。microSIMのドコモ版である「ドコモminiUIMカード」も、この赤のカードに準拠して登場した。対応機種の初号機は「SH-13C」。その後クロッシィ非対応機でも採用されることが多い(国産の機種はほとんどminiUIMカードになってしまった)。

 第3世代の白カード「FOMAカード(03」は在庫がなくなり次第、第4世代の赤カード「ドコモUIMカード」に切替(Xi・FOMAに関係なく)。今後、ドコモのSIMと言えば、この「ドコモUIMカード」が標準となる。「ドコモUIMカード」はもちろんFOMAでも利用可能である。

なお、ドコモの携帯に於ける利用カード種別は【ドコモ携帯電話:各機種のカード対応表】を参照してください。






iモード対応機種からスマートフォン・タブレットへ機種変更を行う場合の注意

■iモードサイトの会員登録について
iモード対応機種でiモードサイトの会員登録をしている場合、機種変更手続きの前にi モードサイトの会員登録の解除を行う。

■おサイフケータイ対応サービスの移し替えについて
おサイフケータイ対応サービスをご利用の場合、機種変更手続き前に電子マネーや登録 情報のお預けを行う。

■iCお引っこしサービスについて※対応機種の場合
iCお引っこしサービスをご利用しておサイフケータイ対応サービスの移し替えを行う場合は、機種変更手続きの前にドコモの窓口へ申し出ることが必要。iCお引っこしサービスのご利用には機種変更前の電話機にUIMカードを挿入する必要があります。事前に申し出をしておくと、機種変更手続き後に形状変更前のUIMカードを一旦返却してくれるので、iCお引っこしサービスの利用後、窓口へ返却する。

 それでは、具体的に機種変のパターンごとに見てみよう!

【パターン1】
FOMA機からクロッシィ・スマートフォン(「ドコモminiUIMカード」対応機)への機種変(図1)
(図1 FOMAからXi「ドコモminiUIMカード」)機種への機種変)

この場合は、FOMAカードがドコモminiUIMカードに変更になってしまいます。変更になると旧機では一切使えないので、上記注意事項を確実に行ってください。やらないとスマホでおさいふが使えなくなります。
そのかわり、SIMフリーのiPhoneが利用できます(パケット定額が適用にならないので、要注意ですけど)。

【パターン2】
FOMA機からクロッシィ・スマートフォン(「ドコモUIMカード」対応機)への機種変(図2)
(図2 FOMAからXi「ドコモUIMカード」)機種への機種編)

この場合も、FOMAカードがドコモUIMカードに変更になってしまいます。変更になっても旧機にUIMカードを挿せば今までとおり使えます、ただし上記注意事項を確実に行わないと「おさいふ」が使えなくなります、機種変するスマホがおさいふ対応でなくても、旧機で使うためには必要です。

【パターン3】
FOMA機からスマートフォン(「ドコモminiUIMカード」対応機)への機種変(図3)
(図3 FOMAからスマートフォン「ドコモminiUIMカード」)機種への機種編)

この場合も、FOMAカードがドコモminiUIMカードに変更になってしまいます。変更になると旧機では一切使えないので、上記注意事項を確実に行ってください。やらないとスマホでおさいふが使えなくなります。
そのかわり、SIMフリーのiPhoneが利用できます(パケット定額が適用にならないので、要注意ですけど)。

【パターン4】
FOMA機からスマートフォン(「FOMAカード」対応機)への機種変(図4)
(図4 FOMAからスマートフォン「FOMAカード」)機種への機種編)

この場合は、FOMAカードがそのまま使えます。旧機に戻せば今までとうり使えます。
一番楽な機種変と言えます。



こうやって見てみると、国産メーカの端末がほとんど「ドコモminiUIMカード」対応になってしまったということは、ドコモからiPhoneを発売する布石じゃないのか?って勘ぐってしまいます。「ドコモminiUIMカード」対応機にしておけば、ドコモからiPhoneが発売されても移行がスムーズに出来るし、SIM差し替えでiPhoneと旧機の両方使うことも容易にできますからね。これ考え過ぎですかね??

【あとがき】
「ドコモminiUIMカード」に変更になっても、標準サイズのUIMカードに合わせるアダプターを利用すれば、旧機でも利用できなくはない。ただし、ドコモの保証するところではないので自己責任で利用してください。