【ルーター交換の手順を間違えると大変!】

 ルータが壊れた、高性能のものに取替えたい、光コラボに変えたらルータが変わってしまった、ギガタイプの光に変えたらルータが変わった、等々ルータを変更するシーンは割りに多いと思われます。  多くのルーターは、LAN側IPアドレスの初期値には192.168.1.1が設定されています。最近のルータでは、どういうわけかそれ以外(例えば192.168.100.1とか)になっている場合も多く見受けられます。

 みなさんあまり意識していないとおもいますが、ルータを設置することは、LAN(Local Area Network)を構築することになるのです。ルータやパソコン、プリンターなどをネットワークにつなぐとパソコンでネットサーフィンができたり、メールが使えたりや、ネットワークプリンター(複合機)に印刷することが可能になるなど、非常に便利です。しかし、LANを構築するには一定のルールを守ってやる必要があります。ほとんどのルータにはDHCPサーバ機能(端末に自動でIPアドレスを割り当てる機能)が備わっているので、あんまり意識しないでも構築出来てしまうのが落とし穴。いざルータを交換するとなると、注意してやらないとトラブルを招くことになりかねません。

 それでは、代表的なネットワーク構成をみてみましょう。


 図1で示した構成が最も一般的だと思われます。NTT東(西)日本のフレッツ光でひかり電話を利用した場合、ひかり電話用アダプタがルータを兼用しています。ルータの初期IPアドレスは「192.168.1.1」です。パソコンは自動(DHCP)でIPアドレスで割り当て、固定アドレスを利用するネットワークプリンタには「192.168.1.100」を割り当てています。Wi-Fi環境の為アクセスポイントをブリッジモードに設定し、タブレット等のモバイル端末もルータからDHCPでIPアドレスを割り当てます。図ではハブを利用していますが、端末台数が少ない場合は直接ルータのLANポートに接続してもいいでしょう。


図2で示した構成は、フレッツ光等の光回線(ADSL)を利用してインターネット接続のみを利用しているパターンです。回線終端装置(ONUあるいはADSLモデム)にWi-Fiルータを接続します。ルータの機種によって初期IPアドレスが違います、図2の例ではルータにBuffaloのWXR-1750DHPを使用してます。このルータのIPアドレスは「192.168.11.1」(ブリッジモードのときは「192.168.11.100」)になっています。なので固定アドレスを利用するネットワークプリンタには「192.168.11.100」を割り当てています。

●まずやることは現状把握

 ルータを交換する前に必ずしておかなければならないことは、現状動作しているLANの現状を把握することです。ここで確認することは

a.現状のルータにログインするためのIDとパスワード
b.契約しているプロバイダ(ISP)の認証IDとパスワード(メールのパスワードとは違います)
c.ルータのLAN側IPアドレス
d.ルータのDHCPサーバ機能の払い出しIPアドレス範囲
e.パターン2の場合のWi-FiルータのSSID、暗号化種別とパスコード
f.固定IPアドレスを使っている機器の状況把握(ネットワークプリンターやWi-Fiアクセスポイントなど)。

 a項のルータのIDとパスワードだが、ルータを購入して最初に電源を入れたとき、自動的にパスワードを設定するよう促される。そのとき自分で設定したパスワードを忘れていたらアウトだ、c〜eの項目を知ることができない。その場合、ゼロベースでの再構築となる。また、ひかり電話用のアダプタをルータにしている場合は、ルータのパスワードはNTT工事の人が設定して通知してくれることになっている。それを忘れてしまった場合も同様だ。

 b項の認証IDとパスワードは、次のルータに設定する場合に絶対必要だ。プロバイダと契約したときに郵送されて来ているはず。これが見つけられない(仕舞い込過ぎ)人は結構多い。その場合プロバイダに問い合わせて再送してもらう等、再度入手しなければならない。郵送の場合、日数もかかるので早めに確認しておこう。ルータにログインすると、認証IDは見ることはできるが、パスワードは見ることはできないので注意が必要だ。

c項のルータのIPアドレスは、Windowsであればコマンドプロンプトで「ipconfig /all」と打ち込むと、「DHCPサーバ:192.168.1.1」のように表示する。 [コマンドプロンプトの出し方] スタートボタンから表示されるプログラムメニュー一番したの検索窓にcmdと入力しEnterキーを押すとコマンドプロンプト画面を出すことが出来ます。

コマンドプロンプトでIPアドレスを確認出来ない場合は以下の手順で確認する事が出来ます。

スタートから「コントロールパネル」を開きます。

コントロールパネルメニューにある「ネットワークの状態とタスクの表示」をクリックします。

ネットワーク接続状態画面の図の項目「接続:ローカルエリア接続」(ここの名称は他に広帯域接続又は無線等の名称になる場合があります)をクリックします。

インターネットもしくはローカルエリア接続の状態画面が出ますので「詳細」をクリックするとIPアドレスを確認する事が出来ます。

「ネットワーク接続の詳細」の「IPv4デフォルトゲートウェイ」あるいは「IPv4 DHCPサーバ」のIPアドレスがルータのIPアドレスです(厳密には違う場合もあります)。



 c項でルータのIPアドレスがわかったら、ブラウザの「アドレス」欄(「http://・・・」で始まる文字列)をクリックし、文字列を反転表示されます。その状態でルータのIPアドレスを入力します「例:192.168.1.1」。入力後キーボードのEnterキーを押します。するとルータのログイン画面が表示されますので、a項で知ったID(ルータで決まっているものが多い)とパスワードを入力します。

 ルータにログインできたらd項の、DHCPサーバ機能の払い出しIPアドレス範囲を調べましょう。どこを見るかは、取扱説明書を参考にしてください(機種ごとに違うので説明しきれません)。パターン2の場合は、同様にSSID等も確認しておきましょう。

 パターン1のWi-FiAP(アクセスポイント、以降AP)を別に設けている場合は、ルータが変わっても基本的に変更する箇所はないのですが、どうしても設定を見たい場合は厄介です。ルータとは別にAPを設置する場合は、「ブリッジモード」で動作させているので、基本IPアドレスはないのですが、設定用のアドレスを持たせているものもあります「例:192.168.1.201」、現状のネットワークが192.168.1.0でAPのアドレスがDHCP設定範囲と被ってなければ、そのままブラウザの「アドレス」欄に「192.168.1.201」と入力してEnterキーを押せば、APの設定画面に入れます。現状のネットワークがそれ以外の場合は、APからLANケーブルを抜いて、直にパソコンをつなげるのが一番早いかと思います。APの取説見てがんばってみてください。

●新ルータへ交換、設定

 現状把握が終わったら、新しいルータに電源を入れ、設定用のパソコンを接続します。次に旧のルータのWAN側に接続されているLANケーブルを新ルータのWAN端子に挿入します。

ブラウザの「アドレス」欄に新ルータのIPアドレスを入力します(メーカによっては専用のURLの場合もありますので、説明書をよく読んでみてください。

ルータのパスワード設定(絶対に忘れないように)

プロバイダの認証IDとパスワード設定。インターネットにつながったことを確認。

新ルータのIPアドレスが旧ルータと違っていた場合は、ルータのIPアドレスとDHCPの設定範囲を同時に変更します。

以上の手順でやれば、ルータだけの変更ですんなり交換できます。現状がわからなくて、新ルータのアドレスが現状と違っていた場合は、ネットワークプリンタ等の固定アドレスの再設定をしないといけないので大変です。










Wi-Fiを高速に【各社802.11ac対応Wi-Fiルーター比較表】

LAN中継器って?【各社無線LAN中継器比較表】

古いハブが通信を遅くしている【各社のGiga対応スイッチングハブ比較表】

モバイルバッテリーとは?【各社モバイルバッテリー比較表】

スマートフォンの充電時間短縮には?【各社QuickCarge2.0対応USB充電器比較表】

国内で使用されるLTEバンド

SIMフリースマートフォンストア

格安SIMカードやMVNOって何?【各社格安SIMカード比較】

ドコモスマートフォン機種変時の注意事項<SIMカード編>

ドコモ機種別SIMカード対応表





TOPへ戻る